カレリア産シュンガイト・加工色々
BACK


★森林と湖沼の世界カレリア。
そのロシア側のカレリア共和国産のシュンガイトです。
この石は、300年前のカレリア共和国にあるシュンガ村の人たちによって発見され、いつの頃からか、癒しの効果がある石と分かり「アスピド」と呼ばれていたそうです。

★シュンガイトとは?
炭素系鉱物で、ダイヤモンドやグラファイトとは全く異なる構造をもち、天然でフラーレンという物質を多く含んでいます。
フラーレンは正五角形と正六角形が組み合わされた多面体で、サッカーボールのような形をしており、医学分野ではHIVウィルスやがん細胞の増殖をストップさせたり、また美容の分野では、活性酸素やフリーラジカルというエイジングの原因を消去する作用があることで、近年最も注目されています。

Tianオーナーのブログきよみんのシークレットボックスでも様々な逸話が紹介されているので、ぜひご覧になってみてくださいね。

写真をクリックしてください。商品の拡大ページへと移ります。
TM09-007a SOLD TM09-007b SOLD TM09-007c SOLD TM09-007d SOLD
シュンガイト
ピラミッド・a
シュンガイト
ピラミッド・b
シュンガイト
ピラミッド・c
シュンガイト
ピラミッド・d
約7.0*7.0*4.7cm 約7.0*7.0*4.7cm 約7.0*7.0*4.7cm 約7.0*7.0*4.7cm

TM09-007e SOLD TM09-009a SOLD TM09-009b SOLD TM09-009c SOLD
シュンガイト
ピラミッド・e
シュンガイト
プレート・a
シュンガイト
プレート・b
シュンガイト
プレート・c
約7.0*7.0*4.7cm 10.0*10.0*1.0cm 10.1*10.1*0.9cm 9.9*9.9*1.0cm

TM09-008h SOLD TM09-008i SOLD
シュンガイト・スフィア・h シュンガイト・スフィア・i
直径約8.5cm 直径約7.0cm