ジュエル・オブ・アルケミスト
〜錬金術の宝石たち〜




『ジュエル・オブ・アルケミー2010・マヤの新年&フルムーン』


木々に囲まれた静かなサンクチュアリ。鳥の歌い声と夏の蝶々たちが飛び交う中で、7月26日のマヤの新年の日に音妃さんが自らの声とクリスタル・ボウルの音で、神聖なる新年のエネルギーをプログラミングされました。


今年は新年に満月が重なったため、新年最初の満月が満ちていく瞬間に合わせて、宇宙の美しい調和を導きながら行われました。


今回は女性らしい感性、感覚、創造性を導きだし、それらを能力に還元して自信持って毎日を過ごすためのアフロディーテと、エジプトのロータスをモチーフにしたTianオリジナル・デザインの「死と再生」をテーマにした"エジプト"の2つ。

折しも季節は太陽のエネルギーが高まっている獅子座です。個性を高める獅子座の季節に合わせて、自分の内面を変容させていくアルケミー(錬金術)効果のあるジュエリーを身につけてみませんか?


☆デザインは全てTianのオーナーによるオリジナル・デザインです。



「アフロディーテ」

あなたの中の「女性」の側面は、決して女性らしいファッションや女性らしい仕草を身につけることではもありません。

柔らかい視点と、柔軟に対応していける心の自由さ、感性を使った創造などを自分の中に発見することができれば、いつの間にか自然とあなた独自の女性性が動き始めるのです。

今回のジュエル・オブ・アルケミーの
「アフロディーテ」は、鮮やかなフィッシャー・ピンクのルビーを使い、大人の女性として自立しながらもキュートな魅力を携えたイメージでデザインされています。

月は女性を表し、その月のエネルギーが最高潮に達する時に、音妃さんがプログラミングをしてくださいました。


誰の真似でもない唯一無二の自分だけの感性や創造性を使い、ふくよかで豊かな時間を毎瞬クリエイトしてください。




「エジプト・死と再生」

古代エジプトでは、マヤと同様に7月26日を新年とし、シリウスの周期を基に暦が作られていました。

その元旦の日、1年に一度日の出と共にシリウスが地平線に昇り、その方向に建てられた女神イシスの神殿に、太陽の光とシリウスの光が交じり合いながら差し込んだそうです。

マヤの新年と同じ日からナイル川の氾濫が始まり、その時期に開花するエジプト・ハスを,生命と生産力の象徴とみなしていました。

また,夕方に沈み翌朝ふたたび水面に出て開花する姿は,死と再生の象徴とされていたのです。

一つのサイクルが終わり、次の新しいサイクルが始まることを
「死と再生」と呼びます。

1年のサイクルだけでなく、1日、そして毎瞬でさえ常に過去から現在へと死と再生のサイクルは働いていることを気が付かせ、いつもあなたらしく輝いていられるためのジュエリーです。



*気になる商品の画像をクリックしてください。詳細へ移ります。

oto-019 SOLD oto-020 SOLD oto-021 SOLD oto-022 SOLD
アフロディーテ
ネックレス・1
"Aphrodita-1"
アフロディーテ
ネックレス・2
"Aphrodita-2"
アフロディーテ
ネックレス・3
"Aphrodita-3"
アフロディーテ
ネックレス・4
"Aphrodita-4"
全長:約50.0cm
内径:約44.0cm
全長:約44.0cm
内径:約38.0cm
全長:約46.0cm
内径:約38.0cm
全長:約46.0cm
内径:約38.0cm
oto-023 SOLD oto-024 \29,800
oto-025 SOLD
oto-026 SOLD
エジプト
ネックレス・1
"Egypt-1"
エジプト
ネックレス・2
"Egypt-2"
エジプト
ネックレス・3
"Egypt-3"
エジプト
ネックレス・4
"Egypt-4"
全長:約50.0cm
内径:約44.0cm
全長:約50.0cm
内径:約42.0cm
全長:約52.0cm
内径:約40.0cm
全長:約44.0cm
内径:約38.0cm